恐竜王国福井が誇る「福井県立恐竜博物館」

▲恐竜のたまごみたいな恐竜博物館の外観。遠くからでも見えるのでここを目指してください。写真:This is Fukui
▲恐竜博物館外観。多数の恐竜のオブジェがあります。写真:This is Fukui

世界三大恐竜博物館のひとつである福井県立恐竜博物館は、恐竜の化石産出量全国1位の勝山市にある国内最大級の恐竜博物館。
2000年にオープンし現在では年間約90万人もの人が訪れる福井を代表する観光地。
館内には数千点の展示物があり、1階の「恐竜の世界」ゾーンには44体もの全身骨格が展示されているほか、動くロボット恐竜やジオラマ、CGシアターなどがあります。
中でも中央に配置されている動くティラノサウルスの周りは、いつも写真を撮る人々で溢れています。

▲チケットを買って中に入るとすぐにあるエスカレーター。設計は世界的に有名な黒川紀章さん。写真:This is Fukui
▲動くティラノサウルスが客を出迎えます。写真:This is Fukui
▲レプリカも多いですが、骨の部分に支えがあるものは本物の化石。写真:This is Fukui
▲数分ごとに空の色が変わります。少し足をとめてみると、まるで恐竜がいた時代にいるような気分になれます。写真:This is Fukui
▲福井で発掘された恐竜の展示も。写真:This is Fukui

日本語以外にも、英語、中国語、韓国語のオーディオガイドがあり、60箇所の解説ポイントで詳細な情報を得ることもできます。

お腹が空いたら恐竜博物館内にあるカフェ&レストラン「ディノ」もオススメ。
恐竜の足跡の形のバンズを使用した「恐竜バーガー」や恐竜型のナゲットをトッピングしたカレーなど、恐竜にちなんだメニューが人気。他にも福井のご当地グルメであるソースカツ丼やおろし蕎麦もお勧めです。
http://www.skijam.jp/cafe-rest-dino/

▲ディノの店内。 写真:This is Fukui
▲お土産やさん。恐竜博物館オリジナルのものも多数。 写真提供:福井県観光連盟

 

▲恐竜のぬいぐるみ。写真:This is Fukui

また実際の恐竜化石発掘現場の見学や、発掘現場から持って来た石を叩いて化石を探す体験が出来る野外恐竜博物館も人気で、参加するには約2時間のツアーに申し込み、恐竜博物館発の専用バスで行く必要があるのでご注意を。

詳細、予約は以下のページから。
日本語https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/visit/fieldstation
英語 https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/en/FieldStation.html

▲事前に申し込みをすれば化石の発掘体験もできます。写真提供:福井県観光連盟
▲石を割ったら本物の化石が出てくるかも!?写真提供:福井県観光連盟

▲入り口にある恐竜博士の像。記念撮影を忘れずに!写真:This is Fukui

インフォメーション【住所】
勝山市村岡町寺尾51−11

【アクセス】
えちぜん鉄道勝山永平寺線「勝山行き」乗車後、勝山駅で下車。
その後、コミュニティバスにて約15分、またはタクシーにて約10分。
電車とバスの時刻表はこちら

【常設展観覧料】
小・中学生 260円
高・大学生 410円
大人 720円

【ホームページ】
https://www.dinosaur.pref.fukui.jp

 

注意事項この記事は投稿時の情報を元に作成しています。現状とは異なる可能性がありますので、必ず事前にご自身での情報確認をお願いします。

 

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.