レトロなゲストハウス「Hostel291」

2018年9月にオープンした越前市の「Hostel291(ホステルフクイ)」はJR武生駅から徒歩3分の好立地にあるゲストハウスです。

築35年のレトロな雰囲気を残した建物内には、2段ベッドが2つのドミトリーと、定員3名の女性専用和室ドミトリーが一部屋あり、それぞれ2600円で宿泊できます。

2段ベッドはキッチンと同じ部屋にあり、とてもユニークな配置ではありますが、カーテンを締めればプライベート空間は確保できます。

また各ベッドにライトやコンセントも用意されています。

▲2階にあるドミトリールーム。レトロな床がかわいい。 写真:This is Fukui
▲しっかりとプライベートを確保できます。 写真:This is Fukui
▲其々のライトとコンセント、ロッカーも! 写真:This is Fukui
▲和室は、1〜2人で占有可。値段は要確認。撮影:This is Fukui
▲自炊したくなる広いキッチン。夜遅くは静かに。 写真:This is Fukui

このホステルをひとりで切り盛りしているのが、同市出身の鷲田望さん。

元々旅が好きで、世界各国のゲストハウスを渡り歩くうちに、いつか自分でもゲストハウスをやってみたいと思うように。

「旅行者が気軽に交流できる場にしたい」

という彼女の想いは現在進行形で少しずつ形になっており、今後は屋上での花火鑑賞や、共有スペースの拡充など、色々とアイディアを練っているそうです。

ちなみに1階のスペースでは鷲田さんが買い付けてきた雑貨などの販売もしています。

▲1階の受付兼雑貨屋。 写真:This is Fukui
▲共有スペース。こじんまりとしていますがくつろげます。 写真:This is Fukui

福井の名物「越前おろし蕎麦」発祥の地と言われている同市には、美味しい蕎麦屋が沢山あります。

またこの地域には古い建物が多く残っており、お洒落なお店がある「蔵の辻」や石畳が敷かれた通りに寺院が多く残る「寺町通り」など、約3キロのお散歩コースもあります。

JR武生駅からはタケフナイフビレッジや越前和紙の里へのバスも運行しており、観光の拠点としてHostel291を利用するのも良いかもしれません。

▲蔵の辻の入り口。 写真:This is Fukui
▲蔵の辻。週末にはイベントが開催されることもあります。 写真:This is Fukui
▲古い町の中に神社が。 写真:This is Fukui
▲寺町通り。絵になります。 写真:This is Fukui
▲寺町通り。古民家を改修したカフェや旅館が並びます。 写真:This is Fukui
▲古民家と猫。よく合います。 写真:This is Fukui
▲好立地でこの価格はすごい! 写真:This is Fukui

インフォメーション[住所]
越前市府中1丁目10ー10

[アクセス]
JR武生駅から徒歩5分以内。
車の場合、宿の駐車場を無料で使用可能。台数に限りがあるため、使用の際は事前に要連絡。
満車の場合は宿から徒歩5分ほどの日野川河川敷駐車場も無料で駐車可能。

[営業時間]
チェックイン 15:00〜21:00
チェックアウト 11:00

[料金]
ドミトリー 2600円

[ホームページ]
https://hostel291.jpn.com

 

注意事項この記事は投稿時の情報を元に作成しています。現状とは異なる可能性がありますので、必ず事前にご自身での情報確認をお願いします。

 

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.