鯖江市のシンボル「西山公園」

▲写真:This is Fukui

西山公園は「日本の歴史公園100選」に認定された鯖江市のシンボルです。

春には約5万株のつつじが咲き乱れ、その規模は日本海側で最大級。

その他、春には約1,000本の桜、秋には紅葉が楽しめます。

中でも西山公園の東側に位置する日本庭園「嚮陽庭園(きょうようていえん)」の紅葉は有名で、約1,600本もの紅葉が地元民や観光客を迎え入れてくれます。

▲桜の時期の様子。園内には沢山の花見客が。多くの屋台も出店しています。写真:This is Fukui
▲写真提供:福井県観光連盟
▲写真提供:福井県観光連盟

 

植物以外に有名なのがレッサーパンダです。

西山公園の一角にある無料の「西山動物園」では10匹ほどのレッサーパンダが飼育されています。

西山動物園はレッサーパンダの繁殖では日本国内の動物園の中でも有数の実績を誇り、ここで生まれたレッサーパンダが全国各地の動物園で活躍しています。

もともとは中国の北京市と鯖江市が産業、文化、スポーツなど広い分野で交流を深める中で、 日中友好のシンボルとして北京動物園から贈られたもので、園内には他にもシロテテナガザル・フランソワルトン・タンチョウ・ミミキジなどがいます。

▲少し登ったところにある無料の西山動物園。写真:This is Fukui
▲動き回っていることも多いため、なかなか写真が難しい。写真:This is Fukui
▲外でのびのびと動き回っています。写真:This is Fukui
▲レッサーパンダがいる屋内施設も。写真:This is Fukui
▲中はこんな感じ。写真:This is Fukui
▲タイミングが合えばお食事タイムも。写真:This is Fukui

レッサーパンダは屋外、屋内の両方で飼育されており、雨の日でも会える他、以下のホームページでライブカメラを通して見ることもできます。(映像は午前9時から午後4時30分まで公開しています。)

ライブカメラ屋内

ライブカメラ屋外

その他、山の頂上にある展望台からの景色も美しく、鯖江市街地や遠く白山連峰の眺望も楽しめます。

▲頂上の展望台。登山の時間は短いですが坂が急なため結構疲れます。写真:This is Fukui
▲360度見渡せます。写真:This is Fukui
▲夕日もお勧め。写真:This is Fukui
▲写真:This is Fukui

また、西山公園に隣接する道の駅では、飲食店や地元特産品を販売する売店、レッサーパンダのグッズやお土産もあり、多くの人で賑わっています。

西山公園は地元民のみならず、観光客にも人気で、2016年には福井県の有名観光地である「東尋坊」「恐竜博物館」に並び、観光客入り込み数が100万人を超えました。

 

インフォメーション【アクセス】
JR鯖江駅から徒歩15分。福井鉄道西山公園駅から徒歩1分。
2時間無料の駐車場あり。

【ホームページ】
https://www.city.sabae.fukui.jp/kanko/playing/nishiyama.html

 

注意事項この記事は投稿時の情報を元に作成しています。現状とは異なる可能性がありますので、必ず事前にご自身での情報確認をお願いします。

 

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.