日本一の花はす生産地、南越前町の「花はす公園」

▲写真提供:福井県観光連盟

福井で楽しめる夏の花、「はす」。福井県のほぼ中央に位置する南越前町に、日本一の花はす生産地を誇る「花はす公園」があります。

33,000ヘクタールの敷地内に10ヵ所に及ぶはすの鑑賞池があり、水面に広がる丸い緑の葉の間から、直径15~30センチほどの花約10万本が咲き並びます。中には、白地に淡いピンクの縁取りの「小三色」などはすの代表的な品種や、奇跡の品種と言われる「大賀(おおが)はす(※1)」など、国内外含めて約130もの品種が並ぶ、見ごたえのある公園です。

▲写真提供:福井県観光連盟

また、敷地内には茶屋やお土産処が併設されており、はすにちなんだ軽食やスイーツを楽しむことができます。
毎年、はすが開花する6月から8月には「花はす祭り」が開催されます。

年齢・性別を問わず楽しめるイベントが多く、中でも「象鼻杯(ぞうびはい)」が人気です。これは、大きなはすの葉に穴を開けてストロー状の茎から葉に注いだジュースやワイン、日本酒を飲むイベントです。はすの青々しい香りとともにすっきりと飲むことができるため、暑気払いにも良さそうです。
この他、はすのエキスを使った染物体験や茎の繊維を使った紙すき体験、フォトコンテストなどがお土産や記念になる体験もあります。

公園の入園時間に規定はないため、早い時間から観覧できますが、はすは午前10時ごろには閉じてしまいます。
開花状況はフェイスブックで確認できるので、お出かけ前に確認すると便利です。

(※1)大賀はす…2000年前の古はすで、千葉県の天然記念物に指定された品種。花はす公園には、実や根を分けていただいたものが咲いています。

▲写真提供:福井県観光連盟

インフォメーション[住所]
南条郡南越前町中小屋64−41

[アクセス]
車でのアクセスをお勧めします。

はす祭り期間中は臨時バスがあります。

[開園時期]
入園自由

[料金]
清掃協力金200円 ※はす祭り期間

[ホームページ]
https://www.facebook.com/hanahasukouenn/

 

注意事項この記事は投稿時の情報を元に作成しています。現状とは異なる可能性がありますので、必ず事前にご自身での情報確認をお願いします。

 

コメントを残す

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.