越前和紙の里

越前和紙の里は、様々な角度から和紙の魅力に触れられる3つの施設から成り立っています。

日本一の花はす生産地、南越前町の「花はす公園」

福井で楽しめる夏の花、「はす」。福井県のほぼ中央に位置する南越前町に、日本一の花はす

美しい海と古い街並みが魅力の「高浜町」

福井県最西端に位置する高浜町。町の象徴であり、「若狭富士」の愛称で親しまれている青葉

天空の城「越前大野城」

越前大野城は、大野盆地にある標高約249メートルの亀山に築かれた城です。 1575年

福井空襲で焼失するも見事に復元された「養浩館庭園」

養浩館庭園は、江戸時代初期から中期を代表する名園の一つで、福井藩主松平家の別邸をそな

国宝「明通寺」

小浜市にある真言宗・明通寺は、平城天皇の御願寺として806年に建立されました。残念な

お堀の上に建つ「福井県庁」

福井県の県庁庁舎は全国でも珍しく、お堀の上に建っています。ここは1606年に築城され

かつて京都と若狭をつないだ鯖街道にある宿場町「熊川宿」

古代より朝廷に食料を献上する御食国のひとつだった若狭。日本海で採れた海産物や塩を都へ

地元愛が詰まったカフェ「スターバックス コーヒー武生中央公園店」

越前市にあるスターバックス コーヒー武生中央公園店は、店舗のデザインコンセプトを「つ

74本もの源泉がある温泉街「あわら温泉」

福井県の北部に位置するあわら温泉はその昔、低湿な沼地でしたが、明治16年(1883年

鯖江市のシンボル「西山公園」

西山公園は「日本の歴史公園100選」に認定された鯖江市のシンボルです。 春には約5万株のつ

情緒ある町並みが残る「三國湊」

福井県の北部、九頭竜川の河口に位置する港町、三国町の三國湊(みくにみなと)は、古くか

伝統産業を学べる「うるしの里会館」

うるしの里会館では、木地から加飾まで漆器の製造工程や歴史的資料などを見学できます。

日本で唯一の紙の神を祀る「岡太神社・大瀧神社」

岡太(おかもと)神社・大瀧神社は、日本で唯一の紙の神を祀る神社です。 言い伝えによる

世界三大眼鏡産地の鯖江にある「めがねミュージアム」

鯖江市にある「めがねミュージアム」では、福井県内約40社の最新モデル3000本以上の

北陸道の総鎮守「気比神宮」

北陸道の総鎮守であり、敦賀を象徴する観光地のひとつ、気比神宮(けひじんぐう)。 建立

冬の味覚の王様「越前がに」

冬の福井の味覚を代表するひとつ、「越前がに」。 福井県で水揚げされた雄のズワイガニの

猫寺として知られる「御誕生寺」

福井県越前市にある御誕生寺(ごたんじょうじ)。ここは、永平寺と並んで曹洞宗の大本山で

曹洞宗の両大本山の一つ「永平寺」

曹洞宗の両大本山の一つである永平寺は、中国から日本へ禅の教えと実践を伝えた道元禅師に

かつての宗教都市が今も眠り、苔寺としても知られる「白山平泉寺」

福井県、石川県、岐阜県にまたがる白山は、人々に恵みの水をもたらし、古くから信仰の対象

戦国時代にタイムスリップ!「朝倉氏遺跡」

福井市街の東南約10キロ、一乗谷にある朝倉氏遺跡は戦国時代に朝倉氏五代が103年間に

五色の湖と呼ばれる「三方五湖」 山頂公園からの眺めは圧巻!

  三方五湖は水質や水深の違う5つの湖からなり、其々が違う青色に見えることから「五

恐竜王国福井が誇る「福井県立恐竜博物館」

世界三大恐竜博物館のひとつである福井県立恐竜博物館は、恐竜の化石産出量全国1位の勝山

200軒以上の古い建物が並ぶ越前町の「切妻屋根群」

越前町の江波にある「切妻屋根群」では越前瓦の切妻屋根と、白い壁、格子状に組まれた木材

断崖絶壁の絶景!「東尋坊」

ゴツゴツとした岩が約1キロに渡って続き、日本随一の奇勝として知られる東尋坊。 「輝石安

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.